下水道の縦断図の書き方をお探しですね。

広告

排水縦断図について

↓参考リンクです。

●排水設備指定工事店必携 縦断面図 Jw_cad
http://hp.vector.co.jp/authors/VA042832/index.html

●下水道の構造計算 ソフト、下水道の縦断計算・流量計算 | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/gesuko01/

●図面記号・空調給排水
http://www.nou-sera.com/siryou/kuuchou/index.html

●平面図(配管図)の例
http://www.city.funabashi.lg.jp/machi/gesui/006/sekkeisekouyouryou_d/fil/ssyouryou-06.pdf

●設計図面の作成要領(下水道工事)
http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/cmsfiles/contents/0000369/369781/160930-1-3_2-2_1.pdf

●設計書添付図面等作成要領
http://www.hrr.mlit.go.jp/gijyutu/kaitei/sekkei/03.pdf

Jw_cadで縦断図

↓参考リンクです。

●Jww縦断図作成
http://www7b.biglobe.ne.jp/~den-eng/jw/04.html

●ベクター : 「縦断図」の検索結果
http://search.vector.co.jp/vsearch/vsearch.php?query=%258Fc%2592f%2590%257D

●jw_cadで縦断図作成の講習依頼がありました。 – 横浜のJww教室 横浜キャド設計講習実績 – jw_cad SketchUp InkScape Gimpの講習 横浜CAD設計です オンラインレッスン、フリーソフトでコスト削減業務を提案します
https://www.yokohama-cad.co.jp/index.php?QBlog-20140107-1

必要なものを用意する

データも必要ですし、見本や参考となる図面も何枚か必要でしょう。

後は作りながら気がついたら対処でもいいかもしれません。

縦断図のサンプルはGoogle画像検索でも

↓Google画像検索で”縦断図”を検索しても図面がたくさん出てきます。

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

まずは縦断図の読み方をマスターする事からです。

初めて見る用語の意味を調べたり、図面に三角スケールをあてて縮尺を確認したり、勾配を求める公式を確認しましょう。

縦断図ぐらいであれば、加減乗除算で大半が計算されているので、計算式はそれほど難しくはないでしょう。

あと設計の数字をどうするか。

そこまで来ると私もわかりません。

よくわかっている職場の先輩や上司・取引先と相談しましょう。

画像検索の画像では粗いかもしれないので、職場に図面が有ればそれで勉強させてもらうといいでしょう。

聞いてわかる事は聞く

聞かないとわからない事をそのまま放置すると、誤った図面ができたり、後で修正する事になって時間が余計にかかる恐れがあります。

聞いてわかる事は聞いた方がいいと思います。

職場に有る縦断図を参考に作る

職場で縦断図を作る機会が有る時は、過去の縦断図を見せてもらいましょう。

それをCAD化して図面枠を作り、違う部分だけ差し替えできるテンプレートを作ってしまいましょう。

測らないとわからない事もあると思う

測らないとわからない量もあると思います。

スチルテープとレベルとスタッフを持って、手伝ってくれる人と一緒に現場へ行きましょう。

作るチャンスが与えられたらチャレンジを

私は縦断図を作るチャンスは与えられませんでしたが、もし作るチャンスを与えられたら作りましょう。

飯の種が一つ増えます。

お金に余裕が有れば縦断図が簡単に作れる業務CADを使うのでしょうけど、一枚ぐらいならJw_cadでもいいかもしれません。

私ももうちょっと能力があって若くからこの業界にいれば、もっと仕事を覚えられたのでしょうけど、20歳前後の自分がこの業界に入るなんて思いも付きませんでした。

一生、IT関連の世界にいるつもりだったのですが、人生思った通りにならないものです。

できれば会社で過去の図面を見せてもらった方がいいのでは

図面も分野によっては、その地域特有の記号の凡例もあるかもしれません。

会社で過去に作った図面であれば、それが反映されていると思います。

おそらく図面の事について何を聞かれても答えられるエキスパートの人も会社内にいると思います。

わからない事は早めに聞いておいた方がいいでしょう。

黙っていると、わかるものとみなされてしまいますし、自己判断で行ってはならない記述も有るかもしれません。

いきなりCADに入力しようとしているからできないという可能性もあります。

一回大きめの紙に下書きをするとハードルが下がると思います。

CADの操作に習熟していないからできないという場合もあるかもしれません。

それはやるしかないです。

最初のうちは大変ですが、数日後には自然にできるようになります。

わからない操作は聞くしかないでしょう。

広告

関連コンテンツ