10tトラックの寸法をお探しですね。

広告

ダンプの寸法

↓参考リンクです。

●ISUZU:主要諸元・車両外観図
http://www.isuzu.co.jp/cv/data/giga/05shogen.html

●大型10tダンプの車両寸法と荷台寸法 – 行列のできるトラック相談所
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

●ダンプトラック・10tダンプの種類・寸法・最大積載量・過積載など! | トラック王国ジャーナル
https://www.55truck.com/journal/14.html

●保有車輌 – 明和土木興業 株式会社
http://www.meiwadoboku.co.jp/sanpai/index.html

●RENTAL GUIDE ダンプ.pdf
https://www.kaneko.ne.jp/catalogue2017/%E8%BB%8A%E8%BC%8C/RENTAL%20GUIDE%E3%80%80%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%97.pdf

●車両・容器サイズ一覧
http://www.takeei.co.jp/pdf/truck_size_20140606.pdf

●【レンタル】ダンプの寸法 | ヨシノ自動車
http://www.yoshino-rentacar.net/truck_03_s_dump_007.html

●大型トラック(10tトラック)のサイズ/荷台寸法/車幅/積載量/長さ/高さを車種別に解説! | DriverHacker[ドライバーハッカー]
https://driverhacker.jp/truckdriver/1437/

メーカーサイトで探す

メーカーと機種が決まっていれば、メーカーサイトで具体的な数字がわかるかもしれません。

CADデータが必要な人はCAD図面を探す

上記サイトは寸法を重視して選びました。

CAD図面に落としたい人は、CAD図面のような画像を探してトレース等して作ると良いと思います。

CADデータから拾う

10tトラックと思われるCADデータが有れば、CAD操作で知りたい数字の概算値が入手できるかもしれません。

画像検索も参考に

↓Google画像検索はこちら

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

CADデータを自作するとなれば、参考になりそうな資料が必要だと思います。

画像検索を利用すれば、たくさん画像が表示されます。

これを見たり上手にトレースすると、それなりのデータを作れると思います。

拡大すると粗くなってしまう画像が多いのが難点ですが。

これも年月と共に改善されていくのかもしれません。

メーカーサイトも行ってみると、参考になる図面が見つかるかもしれません。

現場までどれぐらい近づけるか気になる

どうして寸法が必要になったのか、様々なケースがあると思います。

10tトラックが現場にどれぐらい近い所まで行けるのか、現場までの道が狭い時は気になるでしょう。

良いデータを見つけたら長期保存

良いデータを入手したり作成できたら長期保存をしましょう。

ミラーリングのNASにバックアップするのがおすすめです。

DS218jが個人的には今の一押しのNASキットです。

別売りの大容量HDDを装着すれば簡単に大容量NASが出来上がります。

4TBか8TBぐらいが今はいいと思います。

昔はMOという選択肢もありました。

もう入手は困難です。

1.3GBぐらいでは今時では足りない感じですね。

10年ぐらいは簡単に保存できる優れたメディアなのですが。

NASなら簡単に1TBとか用意できますし。

時代の流れには逆らえないですね。

USBメモリはどこかに落としたりなくす心配もあるのが難点ですし、長時間経つと電子が抜けてデータが欠損するかもしれません。

ただ持ち運びに便利ですし、人により判断が分かれそうですね。

目的の図面が完成すると良いですね

工事の申請に必要な図面を作ろうとしているのかもしれません。

前例を入手し参考にすると、より具体的にタイムスケジュールや工程を思い浮かべられるかもしれません。

初めての図面でどうしても時間がかかってしまうのは仕方がありません。

ただ次からは楽に速く高度な図面を作れるようになると思います。

若くしてそこまでできればいいのですが、なかなか転職組は大変です。

広告

関連コンテンツ