10tトラック寸法のJw_cadデータをお探しですね。

広告

10tトラックのダウンロードサイト

“10tトラック cad ダウンロード”でGoogle検索する事からスタートです。

なかなかズバリというものは無かったりします。

大型トラックで検索しても近いものを検索できるでしょう。

どこかで妥協が必要かもしれません。

利用規約があれば読んで商用利用かチェックしたり、許諾が必要な時はお願いしましょう。

トラックのCADデータ

↓参考リンクです。

● CAD フリーデータ/自動車・車いす・自転車・バイクなど
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/06car.htm

●フカダソフト
http://www2.odn.ne.jp/fukadasoft/index.html

●ユニック車 CADデータ、クレーン付きトラック | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/unic01/

● CAD フリーデータ/油圧ショベル・バックホウ・ユンボ・生コン車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm

●トラック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF.html

●トラック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF&start=11&end=20&ext=

●大型トラック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E5%A4%A7%E5%9E%8B%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF.html

● トラック CADデータ
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/convmac/track3.htm

●トラック CADデータ、2t 4t 6t 8t 10t | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/truck01/

●CADデータ一覧
http://www.revokyoukai.co.jp/cad/cad.html

●トラック10t平 cad No.507 – 建築_KenKen!
https://www.kenchikukenken.co.jp/works/944280791/507/

●CADリンク集/ダンプ・トラック | フリーソフト・CADデータのダウンロードサイトさがしは、こんなに面白い
https://much-data.net/cad-truck3

●建設機械イラスト集「荷役・運搬機械」 | 西尾レントオール株式会社
http://www.nishio-rent.co.jp/product/illustration/liiustrationcargo/

10tトラックとは

10tトラックとはどのような車でしょうか。

Google検索で”10tトラックとは”で調べると、参考になる情報が得られるでしょう。

Google画像検索で調べる方法

Google検索の画面の右上の方に”画像”というリンクが有るので、そちらから画像検索の画面を呼ぶ事ができます。

普通に”Google画像検索”というキーワードで検索するのも良いでしょう。

よく使うようならブックマークやお気に入りに入れると、次から楽に使えるようになります。

見た目から知りたい時は、この方法が便利です。

必要資格・経験

大型免許が必要なようですが、法規は改正される事がよくあるので、必要になった時に最新の情報を得た方がいいですね。

ネットに調べるのもいいですが、詳しい人や専門機関に問い合わせるのが良いでしょう。

普通の車でまず最低限の経験を積み、徐々に大きい車に慣れていくのが良いでしょう。

事故を多く起こす人や、運転に自信の無い人はやめておいた方がいいでしょう。

あと力持ちの人がいいでしょうね。

台風の時は大変

夏や秋には台風が付きものですが、暴風でトラックが横転するニュース映像を見ると、トラックの運転は苦労が絶えないなと思います。

メーカーサイトも参考に

メーカーサイトにも行ってみると、CADデータが置いてある事があります。

見つかるといいですね。

データが見つからない時

検索のコツ

まずは思った通りに検索しましょう。

検索して見つからなかったらキーワードを変えてまた検索。

検索結果に使えそうな文言やキーワードがないか探してヒントにすると効果的です。

画像検索も参考になる場合があります。

AutoCADのデータしか見つからない時

変換ソフトを探しましょう。

JacConvertやDraftSightが有名です。

DXFやJWW形式に変換するとよいでしょう。

先輩にお願いしてもらう方法

社内の人間関係を良くする努力は、どこの会社でも大事だなあって転職する度に思います。

自作する方法

Google画像検索の画像を参考にしながら作るとよいでしょう。

なぞって作れる画像を探すといいでしょう。

ラスタベクタ変換で作れればお手軽ですが、多分かえって余計に時間がかかりそうです。

なかなか人間と同じ事はソフトでできないものです。

自動化で不安を感じる

トラックの運転もいずれ自動化が進むのでしょうか。

AIの能力が人の能力を大きく超えると実用化されるかもしれません。

ただAIはコンピュータとセンサーでしかないので、事故が起きたり、危険な場面にあった時、適切に対応できるか難しい面は残るでしょう。

画像をなぞって自作

Google画像検索でトラックの画像を探してきて、CADでなぞって自作する方法も有ります。

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

データの管理法

次からの生産性を向上させるために

1回目より2回目の方が、図面の作成は楽でしょう。

データの再利用する事を考えて、パーツを整理しておくといいでしょう。

少量データの保管法

ミラーリングのNASやMOに保存するとよいでしょう。

USBメモリでは無くしてしまうかもしれません。

大量データの保管法

M-Discという長期保存に向いた光ディスクが最近は売られているので、探すとよいでしょう。

ただし対応ドライブを使う必要があります。

自動化が進んでも人の仕事は残る

自動化しやすい部分から自動化すると思いますが、生身の人でないとできない仕事は無くならないでしょう。

働いている人がAIで楽をして、給与も上がっていく仕組みもできていけばいいのですが。

いいデータは長期保存を

ダウンロードしたデータや作ったデータは再利用する可能性があるので、長期保存に向いた記憶デバイスに保存しておくと良いでしょう。

今ならミラーリングのNASが良さそうです。

未だに外付けハードディスクにデータを入れている人は、早めにミラーリングのNASに移行する事をおすすめします。

ミラーリングのNASの方が外付けハードディスクより長期間データを入れておくのに向いています。

Windowsのバージョンアップに伴いファイルフォーマットの仕様が変わってもデータの読み書きはできますし、2台中片方のハードディスクに障害が発生しても復旧は容易です。

計画は慎重に

事故が起きないよう計画は慎重にしましょう。

あまりひどいと許可が下りない場合があるかもしれません。

個人的に思う事

私では10tトラックなんて運転もできないですし、計画する事も自信が無いです。

できる人はすごいです。

広告

関連コンテンツ