トラックのJw_cadデータを無料ダウンロードする方法をお探しですね。

広告

トラックのCADデータ

↓参考リンクです。

● 使える CAD フリーデータ / バリケード、ビケ足場、立ち馬、交通誘導員など
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/

● CAD フリーデータ/油圧ショベル・バックホウ・ユンボ・生コン車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm

● CAD フリーデータ/自動車・車いす・自転車・バイクなど
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/06car.htm

●4tトラック平ボディ | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/4t%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E5%B9%B3%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3.html

●トラック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%A5%C8%A5%E9%A5%C3%A5%AF

● トラック CADデータ
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/convmac/track3.htm

●CADデータ一覧
http://www.revokyoukai.co.jp/cad/cad.html

●西尾レントオール株式会社
https://www.nishio-rent.co.jp/

●トラック CADデータ、2t 4t 6t 8t 10t | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/truck01/

●施工計画書用CADデータ-3D工事イラストワークス
https://www.megasoft.co.jp/3dillustrationworks/download/cad-date/

●2Dデータ
http://www.ads3d.com/2d/2dcyu.htm

●Vol.1 車CADデータ | CADデータフリーダウンロード | 建築パース.com
https://kenchiku-pers.com/cad/download/01.html

●【 Jw_cad 関連のポータルサイト 最新Jw cad 情報 】- JWW情報館
http://www.homeplannet.com/

●無償CADデータ | アクティオ | 提案のある建設機械・重機レンタル
https://www.aktio.co.jp/products/cad/

メーカーサイトにもデータが

トラックのメーカーサイトにも、カタログのようなページにCADデータがあるかもしれません。

見つからない時は自作

良いトラックのデータが見つからない時は自作でしょう。

キーワードを変えて検索すると、まだ見つかりそうな気もしますが。

Google画像検索の画像が参考になると思います。

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

探索のリミット時間を決めると早く探せる

作業の締め切りを考えないで探し始めると、だらだら探しがちです。

探索の終了予定時刻を決めておくと、優先順位をつけて探したり、遅くても時間が少し過ぎたぐらいで打ち切るので、時短につながり質も上がるかもしれません。

Jw_cadで使うにはデータ変換も

AutoCADのデータをJw_cadで使うにはデータ変換が必要です。

変換精度の良い変換ソフトを見つけてストックしておくと、いざという時に心強いでしょう。

DWGファイルは変換

DWGファイルはJw_cadで開けません。

変換ソフトでJWWファイルあるいはDXFファイルに変換しましょう。

JacConvertとDraftSightが有名です。

●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

●DraftSight Download | DraftSight
https://www.3ds.com/ja/products-services/draftsight-cad-software/free-download/

いいサイトが見つかったらブックマークを

いいサイトが見つかったら、再度見れるようにブックマークあるいはお気に入りに登録しておいた方がいいでしょう。

実際には見に行く事は少なかったりするのですが。

有用なデータは長期保存

ネット上のコンテンツであっても自作したデータであっても、誰かが限りある人生の時間を削って作った物に変わりはありません。

より有効に活用するためにも、バックアップを取って再利用可能な状態にしておきましょう。

今なら保存装置はミラーリングのNASがおすすめです。

頑張りましょう

トラックのデータは昔より探すのが難しくなったような気がします。

道路の使用や工事の申請に使う図面を作ろうとされているようですが、頑張って探しましょう。

使ったトラックの図形データは大事に保存しておきましょう。

2度と同じものは入手できなくなるかもしれません。

MOやミラーリングのNASに保存するとよいでしょう。

USBメモリではおそらく無くすと思います。

一番いいのはMOなのですけどね。

10年以上データが大体保持されていたのを確認しているので。

ただ容量が少ないのが残念な所ですが。

ドライブもだんだん入手が困難になってきました。

本当は私も予備のドライブが欲しいのですが、これ以上部屋のものを増やすのも抵抗が有りできませんでした。

ミラーリングのNASで我慢します。

データの長期保管もお忘れ無く

いいデータを入手したら、長期保管も怠らないようにしましょう。

ネット上のコンテンツは、サイトの保有者の都合でいくらでも閉鎖してしまいます。

同じデータは二度と手に入らない場合がある事を、頭の片隅においておきましょう。

3種類の記憶メディアに保存できると最強です。

いずれも紛失には注意しましょう。

広告

関連コンテンツ